2018年最初のイベント「ふれあいコンサート@八幡市立生涯学習センター」での演奏が無事に終了しました。

まごころが大阪以外で演奏することは、非常に珍しいのですが今回はご縁があって京都府八幡市で演奏させていただきました!

 

地元の合唱団 パレットさんとの合同コンサートです♪

リハ&打ち合わせ中

仲川団長の講演の後、

  • ビア樽ポルカ
  • おもちゃのシンフォニー
  • ハンガリー舞曲(指揮者体験コーナー)
  • さんぽ(パレットさんとコラボ)
  • 東京ブギウギ(パレットさんとコラボ)
  • tomorrow(パレットさんとコラボ)
  • ふるさと(パレットさんとコラボ)
  • 風になりたい(パレットさんとコラボ)

などよく知られている曲を演奏しました。
ご来場いただいた方々、パレットさん、生涯学習センターの皆さまありがとうございました!

 

さて!八幡市で有名なのが、石清水八幡宮です。中学古文で出てくるあれです。

徒然草第52段

仁和寺にある法師、年寄るまで、石淸水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩(かち)よりまうでけり。極樂寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
さて、かたへの人にあひて、「年比(としごろ)思ひつること、果たし侍(はべ)りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」と言ひける。
すこしのことにも、先達はあらまほしき事なり。

(口語訳)

仁和寺にいた、ある法師が、年をとるまで石清水八幡宮をお参りしたことがないことを情けなく思い、ある時思い立ち、一人、徒歩でお参りにいった。(山麓の)極楽寺と高良神社をお参りし、(八幡宮へのお参りは)これだけだと思い込み帰路の途についた。
帰った後、傍輩に向って、「ずっと(心に)思っていたこと(八幡宮へのお参り)を果たせた。聞いていた以上に尊さ(八幡大神の御神威)を感じた。ところで、他の参詣者が皆、山へ登っていったが、何か山上にあるのだろうか。行ってみたいとは思ったが、お参りすることが本義であるからと思い、山上までは見に行かなかった。」と言った。
小さなことにも、案内者(指導者)は欲しいものである。

お坊さんは、残念というほかないですが、情報機器と交通網が発達した現代、間違うことはないやろ!と思い、演奏会の後行ってきました。

石清水八幡宮は、男山の上にあります。さあ登ろう!

ずんずんずん!!!階段上ったと思ったらまた階段。

 

まだあるんか???なめてた・・・。
楽器と譜面台を担いで、上るのは結構きつかったです。

ついに到着!美しい!

展望台では、眼下に京都府が広がります。京都タワーとか比叡山も見えました。

演奏会でも仕事でも遠征すると、観光したりご当地グルメを食べたりできるから楽しいですね。
ありがとうございました!!!